本文開始

当協会の会報を、バックナンバー含めて総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わずに自由に街路を闊歩できる技術、歩行訓練。ここではその体験者の皆様のお声をインタビュー形式でお読みいただけます。ここでは視力を用いずにパソコンを利用されている様々な当事者の方の事例をご紹介します。

歩行訓練士スーちゃんとの街歩きコラム♪

目が見えにくく、見えなくなると外出は自由にできなくなるのかな?こうした不安を取り除いてくれるのが歩行訓練です。
視力障害のため歩行が困難になっても訓練を受けることで様々な場所へ行けるようになります。ほかにも公的なガイド派遣や盲導犬といった色々な方法がありますが、歩行訓練の魅力はなんといっても自分で行きたいところへ行ける、「自由である」ことです。そんな歩行訓練の魅力を、体験者の声を交えながら発信しています。


ここから本文

ラーメンgetを目標に 歩行訓練レポート


すーちゃんイラストS:Xさんおはようございます。
X:おはようございます。
S:今日は、歩行のことで聞きたいなと・・・。
X:はい。
S:今回の歩行訓練士はどなたでした?
Xさん画像X:Hさんと、歩行訓練士のHさんと。
S:あのニューフェイスの歩行訓練士さんと。へぇ。どこに行ったの?
X:ええっとね、三宮の周辺を、このコーナーの
1.ラーメン店への行き方  2.上島珈琲店への行き方
に載ってる方法で、他の方の行き方だけれど行けるのかなと。
S:うん。
X:本当に行けるのか、っていう検証を、検証実験。
S:なかなか難しかったんじゃない?
X:えっと、難しいったら難しいですね、確かにね、バスを降りてマンホールを目印にとあるけど、そのとおりには・・・。
S:うん。
X:たしかに行けるんですよ。その通りに行けば。でもね、自力でいきなり実証するっていうのは・・・、たぶん俺は不可能やと思いました。
S:うん、うん。
X:あのとき思ったのはこれは絶対100%歩行訓練しないとだめやなと。
S:ええ。
X:目印にマンホールって書いてあったんですけど、それをどう使うかを歩行訓練で学ばないと難しいと。目印のマンホールが自分には使えるか・・・、自分には紹介されてる歩行方法があってるんか、そういうのを考えながらゴールへ行く・・・それを歩行訓練受けて納得したいというか。
S:うん、そのとおりだと思うのね、あの、Aさんにとっての方法がそのままBさんに使えるとは限らないのがこの世界なのでぇ、誰かにとっては使える方法かもしれないけども・・・
X:ええ。
S:誰々さんの方法をそのまま他の人に使えるっていうことは、なかなか・・・
X:ないんでしょうね。
S:そう、その人が使える手がかりとか感覚とかってさまざまだから。だから1対1で歩行訓練は必要なんだって言う、まさにその証明なのかなって、思いました。
X:だからね、まぁホームページに紹介されてる通りに行って、「どう思いますか?」って聞かれたら行けるってことは言えるんですよね。
S:うん。
X:なんですけど、じゃあいきなり行きます!って言われてたら、いやそれは訓練受けない状態ではちょっとやめといたらええなと。
S:そうだねぇ。
X:うん。
S:Xさんなりに使える方法をそこで一緒に考えて試していく方法がいいんだと思います。
X:ええ。
S:で、具体的になんのお店に行ったの?
ラーメンX:今回はラーメン屋とコーヒー店、両方やりました。
S:結果的には行けた?
X:結果的には行けましたね。あの、確かにちょっとこう、練習は絶対に必要やけど。
S:はい。
X:あの、日常的には行けるというのは実証はできましたね。
S:しかしあれだねぇ、「街は歩かない」と以前行ってたXさんが、ちょっと心境の変化?
X:ええ、あのですねぇ、ただたんにこう乗せられて・・・。
S:あ、乗せられた?(笑)
X:「歩行訓練の様子」を載せたけど、これを実証された声も聞かないとと言われて・・・。誰も実証する人がいないと話を聞いてて。で、ラーメン食べたいなって・・・。
S:あはは。
X:ラーメン食いてぇしなぁ、じゃあ協力してもいいかなぁっていうくらいのノリで。
S:ああ、体をはって、やってくれたわけですね。
X:ええ。
S:ありがとうございます!
X:まあ世話にもなってるし。
S:あはは。
X:ラーメンも食べたいし。
S:ありがたいことです。ラーメンは、おいしかった?
X:北海ラーメンおいしかったですよぉ!クリーミィな味の味噌ラーメンで。違う店も挑戦したいですわぁ!
行ったところが「さんちかメンロード」で、あそこは入れ替わり立ち替わり速いけど、違う店になっていても構造は一緒ですから行けますと。
S:あそこ競争が厳しいからね。コーヒー店はどうでした?
上島珈琲X:上島珈琲は練習が必要ですけど、すんなり行けましたよ。ほとんど一本道なんで。黒糖ミルクコーヒーを飲みましたよ。ラーメンのあとの甘いコーヒー格別です。素晴らしいデザートです。癒されます。
S:わかりました。練習というか、続けるの?
X:これはね、続くはずはず。
S:続くはずなのね。
X:ええ。
S:ひょっとしたらまた続編の続編がいけるかもしれないと。
X:続編の続編ていうか、まあ、なにを実証していってるのかっていうか、どこまで行けるのかと。で、なんか食べログみたいになってくんちゃうんかなぁと。
S:あはは。アイライトの食べログ!
X:あなたも歩行訓練やればラーメン食べれるよ!コーヒーも飲めるよ!と。
S:決め台詞はそれですね!
X:ええ。
S:わかりました。じゃあ、今後もあるみたいなので、また楽しみにしています。
X:続いていくと思います。食べもの以外のもんも一応行くと。
S:ああそうだね、食べものばっかじゃないもんね。
X:ユニクロも予定してます。
S:ああ。洋服ね。
X:歩行訓練を受けた人の生の声を出せたら、まぁ協力にはなるかなと。こういう風にして行った人もいますって言う声として、いいんじゃないかなと。
S:なります。なります、はい。じゃあ、ぜひまたおいしいラーメンと、コーヒーと、ユニクロと・・・。街を歩く切っ掛けになったということですね。
X:そうですね。
S:わたしとしてはうれしいです。ありがとうございました。
X:いえいえ。
S:またよろしくお願いします。
X:いえいえこちらこそ。


関連記事


白杖歩行指導に興味をお持ちの方はこちら