本文開始

当協会の会報を、バックナンバー含めて総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わずに自由に街路を闊歩できる技術、歩行訓練。ここではその体験者の皆様のお声をインタビュー形式でお読みいただけます。ここでは視力を用いずにパソコンを利用されている様々な当事者の方の事例をご紹介します。

歩行訓練士スーちゃんとの街歩きコラム♪

目が見えにくく、見えなくなると外出は自由にできなくなるのかな?こうした不安を取り除いてくれるのが歩行訓練です。
視力障害のため歩行が困難になっても訓練を受けることで様々な場所へ行けるようになります。ほかにも公的なガイド派遣や盲導犬といった色々な方法がありますが、歩行訓練の魅力はなんといっても自分で行きたいところへ行ける、「自由である」ことです。そんな歩行訓練の魅力を、体験者の声を交えながら発信しています。


ここから本文

今回は白杖を使った単独歩行で町中を迷わずに歩けるようになられたお話です

すーちゃんすーちゃん:こんにちは♪
Aさん;こんにちはー。
すーちゃん:今日はあゆみさんに、歩行訓練のことについてお話を訊いてみたいと思います。よろしくおねがいします。
受講者 あゆみさんAさん;あ、よろしくおねがいします。
すーちゃん:ガールズトークなんで気楽にいきましょうね。
Aさん;あははは。
すーちゃん:じゃあ、そうね、あゆみさん最近、三ノ宮ならどの辺を歩いていますか?
Aさん;えぇと、おもにセンター街かな。
すーちゃん:ああ、センター街とか歩いてるんだ。
Aさん;あと、主に行っているのはTSUTAYAとかアニメショップ(アニメイト)とかミント神戸の映画館(OSシネマ)とか…
TSUTAYA 写真すーちゃん:ちょっ、ちょっストップストップ… たくさん出てきたねぇ。
 1つずつ訊いてくね、TSUTAYA?あのCDとかあるTSUTAYA?
Aさん;うん、そうです。
すーちゃん:あ、そうなんだ。CDを借りるために?
Aさん;そう、借りる方です。
すーちゃん:どこから入って行くの?どうやって行ってる?
Aさん;えっと二通りあって、ヤマダ電機の中を通ってくパターンと…
すーちゃん:あっ、なるほど、なるほど。
Aさん;もう一つは、裏手から行って、えっと、音楽が流れてるからそれを目印にしてああこのへんだなぁって言いながら、横の階段を目印にして、ああ入り口だなって感じです。
すーちゃん:手がかりがあるんですね。TSUTAYAかぁ。ヤマダ電機の中を入っていくというのは斬新ですねぇ(笑)突っ切っているんだ。
Aさん;そう、ヤマダ電機って土曜日だったら、店員さんがセールみたいな恰好して声掛けしてるから余計に分かりやすいんですよ。
 ここがTSUTAYAやヤマダ電機だって。
 親切な方もいて、「あの、なにかお手伝いしましょうか」って感じで、「すいませんTSUTAYAまで行きたいんですけど」って言ったら手引きしてもらえましたね。
すーちゃん:あ、そう、案内してもらったんだ。
Aさん;はい、案内してもらいました。
アニメイト 写真すーちゃん:なるほどね。あと、センター街とか、アニメって言ってたね。これは、楽しんで行けそうなところやね。
 センタープラザの中にあるの?
Aさん;センタープラザの3階に1箇所と、西館に…ええと二箇所あるところです。
すーちゃん:結構お店もたくさんあるし迷ったりしないの?
Aさん;以前からその辺はよく行ってたから頭ん中に入ってて、あ、ここにあるって感じだったんだけど、お店が一箇所変わってしまって…
すーちゃん:変わっちゃったの?
Aさん;そう、そこのお店が一番よくお店行く所だったんだけど…、大体の位置聞いてたんだけど…片方から行って行けたんだけど違うお店から逆に戻ってきたときに迷ってしまったぁ!
ミント神戸 写真すーちゃん:なるほど、やっぱり行けたり迷ったり?そうか…あとひとつ気になること…ミント神戸の映画館?
Aさん;あ、はい。
すーちゃん:ってちょっと聞いたんだけども、これって……凄いねぇ。
 ミント神戸自体はポートライナーの方からの連絡通路?
Aさん;はい。あそこから入って行けば迷わずに行けて、エレベーターの場所が分かればもう9階まで直行で行けるんです。エスカレーターだったらちょっと迷ってしまったので…
すーちゃん:そうだねぇ……
Aさん;エレベーターで9階まで行って、そこで音声映画があったからそのきっかけで行くようになったんです。
すーちゃん:ああ、そうなんだ。音声映画ていうのは、よくあるの?
Aさん;はい、たまにあります。
すーちゃん:それは、音声で説明してくれるってことなの?
Aさん;ええ、FMラジオのチャンネルがあって、それを合わせて聞いたら解説有りで聞くことができるんです。
 一般の人と交じってなので邪魔にならないようイアホン付けて聞いてるんです。。
すーちゃん:そう聞いてるんだ。それって凄いね。
Aさん;はい。
すーちゃん:見えにくいとか見えないお友達じゃなくても一緒に混じって…
Aさん;はい、普通の人は、あのぉ、普通に映画を見て、見えない見えにくい人はイアホンを付けて見ると、同じように同じ空間で楽しめると。
すーちゃん:それはすばらしい。結構知らない人多いんじゃないかなぁ。
Aさん;たぶんほとんど人が知らない。広まってくれたらいいなっと。
すーちゃん:うんうん、そうだねぇ。そしたら、みんなで楽しめることだもんね。
Aさん;はい。
すーちゃん:聞いてよかったわ。ありがとうございました。
Aさん;いえいえ。
 ※関西音声サポート (KOS)では、目の不自由な方たちと共にテレビや映画他の芸術を、より楽しんでいただくために音声ガイドを提供しています。
すーちゃん:じゃあ、歩行訓練受けてみようと思ったきっかけはありますか?
Aさん;きっかけは、ちょっと車と接触したことがあって、そこから危ないなって感じを受けたんです。
 再度確認ということで歩行訓練を受けられたらいいなという感じです。
すーちゃん:そかそか。安全のためにもね。
Aさん;はい。
すーちゃん:歩行訓練を受けてみて受ける前と変わったところはある?
Aさん;受ける前なら、ここはもう自分自身もう行けない道だと思ってた道があったんですよ。
 それが歩行訓練によって行けるようになったのはありますね。ありがたいことです。
すーちゃん:じゃ、使えるルートが広く…あ、選択肢が増えた?
Aさん;そう、そんな感じです。
すーちゃん:うん。それって大事なことだね。この道しか行けない、もしそれがだめになったときは特にね。他のルートがあるというのは大事だもんね。
Aさん;はい。
すーちゃん:今も歩行訓練を受けているんですか?
Aさん;ええ、今年も受けるけど、それも、再度確認ということで…
すーちゃん:そうだね。
Aさん;あと、お店の場所も変わってるから…、それも確認ということで受けようと思いました。
すーちゃん:いいね。また迷わずに行けるようにね。
Aさん;はい。
すーちゃん:じゃあ、新たに行ってみたいってお店とかってありませんか?ちょっと行きたいんだけどみたいな。
Aさん;たまに家族とかにこれを買ってきてって頼まれることがあるんです。思ってるのと違う店があって、そこに行けたらいいなって感じですね。
すーちゃん:そういうのもいいね。買ってきたよなんて言えたら素敵だもんね。いいね。
 そしたら一人で歩くことによっていろんな、なんていうのかな選択肢、映画楽しんでみたりとか、
 頼まれた物を買っていったりとか(笑)。できることが増えていくって言う感じですね。
 じゃあ、最後にあゆみさんからこの対談を読んでくれてる人達に何かメッセージがあったらお願いします。
Aさん;えっと、やっぱり自分で迷ってでも行きたいっていうのもありなんだけど、白杖を持って1歩でも前向きに進んでくれたらいいなと思いました。
すーちゃん:前向きに進んでいくね、そうですねぇ。そういう人が増えていったらいいよね。わかりました。ありがとうございました。
 また、その後どう?行けるようになった?ってまたお話しができればいいなと思うので、続編が、……あるかもしれないです。
 その時はよろしくお願いします。
Aさん;分かりました。ありがとうございました。
すーちゃん:ありがとうございました。


白杖歩行指導に興味をお持ちの方はこちら