本文開始

当協会の会報を、バックナンバー含めて総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わずに自由に街路を闊歩できる技術、歩行訓練。ここではその体験者の皆様のお声をインタビュー形式でお読みいただけます。ここでは視力を用いずにパソコンを利用されている様々な当事者の方の事例をご紹介します。

歩行訓練士スーちゃんとの街歩きコラム♪

目が見えにくく、見えなくなると外出は自由にできなくなるのかな?こうした不安を取り除いてくれるのが歩行訓練です。
視力障害のため歩行が困難になっても訓練を受けることで様々な場所へ行けるようになります。ほかにも公的なガイド派遣や盲導犬といった色々な方法がありますが、歩行訓練の魅力はなんといっても自分で行きたいところへ行ける、「自由である」ことです。そんな歩行訓練の魅力を、体験者の声を交えながら発信しています。


ここから本文

今回はバス停、コンビニ、スーパーと単独歩行を多くされている方のお話です

すーちゃんすーちゃん:はい、じゃあKさんこんにちは。
Kさん;こんにちはぁ。
すーちゃん:今日は、歩行訓練の事でちょっとお話し聞きたいと思うんですけど…。よろしくおねがいします。
Kさん;おねがいします。
Kさんお顔すーちゃん:ええと、記録を調べたらね、以前にKさんと歩行したのが、4年くらい前になるみたい。丁度、冬からで、どの辺歩いたか憶えてます?
Kさん;えっと、娘のうちに行く練習と、孫の小児科と、でバス停。
すーちゃん:ああそうでしたね。バスも乗りましたね。
Kさん;バスに乗りましたねぇ。
すーちゃん:ご自宅からちょっと歩いたところに点字ブロックがあるんですよね。
駅前Kさん;あ、はい、ずーっと駅まで続いてるんです。
すーちゃん:で、その先…手前かな、その付近のお店屋さんだったり病院とか…
Kさん;コンビニとか病院とか…ぐらいかな、あとバス停は向こうだね、駅の向こうだったから後で歩行訓練してもらったんだったかな。
すーちゃん:バス停もロータリーがグルッとあって、で、自分が乗るところを…
Kさん;そう
すーちゃん::どうやったらわかるかって、そういえば練習しましたよね。
Kさん;ええ。
すーちゃん:今もバスを使っています?
Kさん;今、バスは時々しか使ってなくて…
すーちゃん:ほんと、うんうん。
Kさん;でも、端っこまで行って戻ってきたら、だいたいの辺りでバッチリバス停まで行けています。
すーちゃん:はい。
Kさん;ただ、未だに迷うのは、バス停から帰ってきて、駅まで行くときに一瞬、ブロックを探せなくて困ることがありますね。
すーちゃん:ああ、そうか。買い物とかは?
Kさん;買い物は最近ちょっと行く回数が少ないんだけど…だいたいインフォメーションコーナーで…それもブロックが引いてあるんで…
すーちゃん:あ、ほんと。
Kさん;それをたどって行って、そこからスーパーまでインフォメーションの人が送ってくださって、そこからまたリレーで…
すーちゃん:リレーで?
Kさん;お買い物を手伝ってもらうという。
すーちゃん:うまく使っておられますね。
Kさん;そうです!
すーちゃん:そうですよねぇ。……娘さんの所は結局…
Kさん;娘の所は結局帰り道が途中でわからなくなってしまって、行くのは行けたんですけど…最近は、全然行けなくなってしまって…
すーちゃん:(笑)
Kさん;やっぱり歩行訓練をやってもらっても、すぐに何回も行かなかったらやっぱりだめになりますね。
 教えてもらったらもっと練習すれば良かったって反省することが多いですね。
すーちゃん:じゃ、また再開…あるかもわかりませんね。
Kさん;またよろしくおねがいします(笑)
すーちゃん:おねがいします(笑)、あの、わたしと練習する前もどこかで練習していましたか?。
Kさん;それも、えっと娘のことで、娘の家が垂水にあったんで、森先生に教えてもらったことがありました。
すーちゃん:森先生と歩行訓練していたんですね。なるほど。へぇえ。歩行訓練を受けて、お一人で歩くことについてよかったなぁって思うことありますか?
Kさん;よかったなっと思うのは、思った時に出掛けられること。駅まで行っても結局、駅でお願いしようと思ったら時間がかかるから、思った時間にすっと行けない。
すーちゃん:ああ、待たされてしまう。
Kさん;やっぱ自分で、思った時間に自分で余裕を持って行けるというのが一番いい点ですね。
すーちゃん:うんうん、自分の思ったときに…
Kさん;そう!
すーちゃん:行きたいときに、行きたい所へ行ける。
Kさん;そう、そうです!
すーちゃん:それって大事ですよねぇ。
Kさん;はい。
すーちゃん:それはよかったことです。逆に、最近街を歩いていて、トラブルではないけど困ったなぁって感じたことはありますか?
Kさん;はい、ブロックから外れてしまったら方向が分からなくなったり…
すーちゃん:ああなるほど。
Kさん;それが一番困ったことで、行き過ぎてしまって、戻ってくるときに場所が分からなくなると。
すーちゃん:うんうん。
Kさん;なんか、キツネにつままれたような突然道が分からなくなる感じが(笑)
すーちゃん:ああ、なるほど。そういう時って、どうやって解決するんですか?
Kさん;まず一回止まるんですけど、人の足音聞いて、どなたか来られたら「すいません」って…。
すーちゃん:おねがいするんですね。
Kさん;どこどこへ行きたいんですけどって言うと、連れて行ってくれる。
すーちゃん:ほんとぉ。
Kさん;うん。
すーちゃん:そよねぇ、ある程度は自分でちゃんと頑張ってみて、それでも駄目だったらお願いする。
Kさん;もうそれが一番いいかなと。
すーちゃん:さっきの買い物じゃないけどね、いろんな人に手伝ってもらえるというのは…
Kさん;結局ひとりでだったら最後までは無理なんで、人の手を借りることがあります。しっかりそういうの使わせてもらって…
すーちゃん:うんうん。できるところは…できるところまではやって、その先はいろいろと。
Kさん;無理なことは無理と決めて、でもやっぱり自分でできるというのが最高です。
すーちゃん:最高、いいですね。
Kさん;でも新しいことを覚えようと思ったら、ちょっと大変なんでそこまではできるかどうか分かんないけど…
すーちゃん:うんうん。
Kさん;……でもスーちゃんまたおしえてください。
すーちゃん:はい、またうかがいます。もしこのお話しを見てくれている人に、最後に伝えたいことがあったら…
Kさん;伝えたいことっていうか…やっぱりまず一歩出てみるってこと。
すーちゃん:うん。
Kさん;今はヘルパーさんっていうの多いんですけど、やっぱりまず歩行訓練を受けてみるっていうのが一番いいことなんじゃないかと思います。
 やってみたら頭では出来ないって思っていても実際に、訓練を受けてみたら全然違うっていうことが、やってみて初めてわかるんじゃないかなぁと。
すーちゃん:なるほど。まずは受けてみると。
Kさん;そう!受けてみて教えてもらうのがいいんじゃないかなって思います。
すーちゃん:わかりました。いいこともあるかもわかりませんものね。
Kさん;そうです!きっといいことあります(迫真)
すーちゃん:わかりました。そうですね、歩行訓練する時にまたお話し聞くかもしれません。
Kさん;はい。
すーちゃん:それじゃそのときはよろしくおねがいします。
Kさん;こちらこそよろしくおねがいします。
すーちゃん:今日はどうも有り難うございました。
Kさん;ありがとうございました。


白杖歩行指導に興味をお持ちの方はこちら