本文開始

当協会の会報を、バックナンバー含めて総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わずに自由に街路を闊歩できる技術、歩行訓練。ここではその体験者の皆様のお声をインタビュー形式でお読みいただけます。ここでは視力を用いずにパソコンを利用されている様々な当事者の方の事例をご紹介します。

歩行訓練士スーちゃんとの街歩きコラム♪

目が見えにくく、見えなくなると外出は自由にできなくなるのかな?こうした不安を取り除いてくれるのが歩行訓練です。
視力障害のため歩行が困難になっても訓練を受けることで様々な場所へ行けるようになります。ほかにも公的なガイド派遣や盲導犬といった色々な方法がありますが、歩行訓練の魅力はなんといっても自分で行きたいところへ行ける、「自由である」ことです。そんな歩行訓練の魅力を、体験者の声を交えながら発信しています。


ここから本文

今回は白杖歩行中の接触体験のお話です

前編の続き


すーちゃんすーちゃん:Mr.Xさんは、今はどの辺をよく歩いておられます?
Xさん:そうですねぇ。アイライトへ通うのと、あとは家の近所を散歩するくらいですかね。
すーちゃん:あとガイドさんも使ったりしてるんですか?
Xさんのご尊顔Xさん:ガイドさんとはねぇ、契約してないですね。申請はしたことあったんですけど、してなくても今んとこはと思って。
すーちゃん:じゃあ今は一人で歩いているのが多いんですね。…町中とかも歩きます?
Xさん:得意ではないですね。元々人混みがあんま好きでないし、あと白杖ついてガーンと蹴られると…
すーちゃん:はぁ、蹴られますか。
Xさん:蹴られますねぇ。やっぱ止まってたりしたらこう後ろから斜めにショートカットしようとするから、斜めから蹴り入れられたりとか。
すーちゃん:はあ、白杖が蹴り入れられる。
Xさん:白杖が蹴り入れられるですね。
すーちゃん:Mr.Xさん自身じゃなくて。
Xさん:ええ。だから体もガーって当たってくる人もいますよ。チャリンコが来たりとか。基本的にはあんまりそう人に当たりたくもないし…
すーちゃん:は、はい(笑)
Xさん:当てたくもないし、怪我させたくないし、させられたくもないっていう、できるだけ注意してるって感じなんですけど。
すーちゃん:うんうん。白杖を持ってても周りの人の方が見ていないというのがありますよね。
Xさん:ああそうですね。
すーちゃん:特に最近はよく感じます。なんだろなー、最大限の防御じゃないけど、うーんできる範囲のことするしか…ないかなぁ。
Xさん:そう、ないですからね。だからその密集しているとことか、駅とかホームやったら普通に手を伸ばした状態やなくて、腰に手持ってきてずーっとやってるんですけど、それでも当てられますから。
すーちゃん:そうですね、短めに持って振るということですね。
Xさん:ええ。駅のホームのとこを点字ブロックを伝って歩いていたときに、短く持ってるんですよ。前に人が来て、その人がこちらの腕に当たって、押しのけるようにして前を通っていく人とかいましたからね。
すーちゃん:(笑)ホーム上はね。ちょっと緊張しますね。
Xさん:だから人混みって本当苦手なんですよ。だから蹴り入れていいとか、ほんとそういう法律があるんなら…
すーちゃん:アッハッハッハぃゃぃゃぃゃ
Xさん:ちょっと待て!と思うんですけど、喧嘩はできないでしょ。喧嘩はできない怪我はさせられない、まったくなんてツキがないんだという。さすがに俺一人の問題やったらいいんですけどね、他の視覚障害者に迷惑かかるでしょ。他の視覚障害者もおんなじように見られると困るし、何かの報復受けるのも困るから、「あああ蹴りたい!」と思いながら(笑)
すーちゃん:(笑)なかなかいろんな思いが入り交じっての移動ですね。
Xさん:そうですね。だからあんまりできるだけ動かんように、他の視覚障害者の人が動いているの聞くと「ああすげぇなぁ羨ましい」と思うんですけど、やっぱりひとりで動くっていうのはどうも合わへんみたいですね。だから、この前に載ってた熊澤さんなんか、ラーメン食べに行ってるとか書いてたでしょ?
すーちゃん:はいはい(笑)
Xさん:ラーメン食いに行ってるんかすげぇなぁ、思いながら読んでました。あと三宮へ行ってるって書いてあったじゃないですか、こっちはあゆみさんかな、ほんまよく行けるわって。
すーちゃん:そうですねぇ。まぁ人それぞれやりたいことが三宮にあるから皆、こう、行くんやろうね。
Xさん:三宮行くこともあるんやけど一人では行かないですからねぇ。友人と行くくらいですから。
すーちゃん:うんうん。…なんか熱い思いがたくさんMr.Xさんにはありそうなのでまた続編頼むかもしれませんが。
Xさん:(笑) 続編、あるのかなぁ。
すーちゃん:あのぉ、
Xさん:カットじゃないですよね。
すーちゃん:ええっとねぇ、カットもあるかもしれませんので又ネタを貯めておいてください。最後にこのページを見てくれている人に何か伝えたいことがあったらお願いします。
Xさん:伝えたいことですかぁ。
すーちゃん:うんうん。
Xさん:まぁ多分これを読んでいる人に言うべきなんは、俺のを見るより前の3人を見てくれと。
すーちゃん:いやいやいや。
Xさん:その方が多分意味があるはずです!
すーちゃん:いや、結構ね、隠れファンが増えてきているのでこのシリーズは(笑)。こういう人も歩いてるんだなぁっていう。こんな人がいるんだなぁってことで、とても楽しいお話できたと思います。また、聞かせてください。どうもありがとうございました。
Xさん:ありがとうございました。


関連記事


白杖歩行指導に興味をお持ちの方はこちら