本文開始

当協会の会報を、バックナンバー含めて総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わずに自由に街路を闊歩できる技術、歩行訓練。ここではその体験者の皆様のお声をインタビュー形式でお読みいただけます。ここでは視力を用いずにパソコンを利用されている様々な当事者の方の事例をご紹介します。

歩行訓練士スーちゃんとの街歩きコラム♪

目が見えにくく、見えなくなると外出は自由にできなくなるのかな?こうした不安を取り除いてくれるのが歩行訓練です。
視力障害のため歩行が困難になっても訓練を受けることで様々な場所へ行けるようになります。ほかにも公的なガイド派遣や盲導犬といった色々な方法がありますが、歩行訓練の魅力はなんといっても自分で行きたいところへ行ける、「自由である」ことです。そんな歩行訓練の魅力を、体験者の声を交えながら発信しています。


ここから本文

今回は地下街から地上へ行動範囲が広がった方のお話です

すーちゃんすーちゃん:よろしくおねがいします。
よろしくおねがいしまーす。
すーちゃん:はい、それじゃ今日は、Mrs.Yさんに歩行訓練についてちょっとお話を伺いたいと思います。久しぶり対談でちょっと、わくわくしております。
こちらこそよろしくおねがいします。
Mrs.Yさん お顔すーちゃん:じゃあまずMrs.Yさんの最近の状況かな、どの辺をよく歩いてますか。
Mrs.Y;そうですねぇ、まあ行動範囲はだいたい決まっているんですけれども、ここアイライトに通うようになってから徐々に行動範囲広がってはいるんです。
私の日常生活の中ではアイライト…は、新神戸駅からアイライトまで、一番地上を歩くのが一番長い距離なんですね。
すーちゃん:なるほど。
Mrs.Y;というのは私自身ちょっと日中のまぶしさが凄くきつく感じるので、極力歩きやすい道というのは地下街、三宮近辺だと地下街で…
すーちゃん:はい
Mrs.Y;で、地下移動というかモグラ移動は、まあある程度できるんです。でも地上はやっぱり行きなれたところでないとなかなか行けないんです。家の近くのスーパーとかならば、まあ行きなれてるんでどうにか行けるんですけど…
すーちゃん:はい
Mrs.Y;で、ここアイライトに通いたいと思ったのがきっかけで…
すーちゃん:あ、そうだったんですね。
Mrs.Y;歩行訓練を受けたんです。
すーちゃん:ふんふん。
Mrs.Y;最初はパソコン個別講習受けていて、ガイドヘルパーさんと一緒に通っていたんです。そうしたらITハンドファームがあるというのを知りまして…
すーちゃん:あ、そうでしたか。
Mrs.Y;でガイドさんと歩いてるとやっぱり周りも見ない、ずっとおしゃべりしてるし、で、また待ち時間とか待ち合わせ時間とかやっぱり気にしなきゃいけないですもんね。
すーちゃん:そうですよねぇ。
Mrs.Y;できたらスムーズに一人でITハンドファーム通えたらなと、思うのがきっかけで相談したら、歩行訓練があるよって教えてもらったんです。
すーちゃん:うん、うん。
Mrs.Y;それが歩行訓練受けるきっかけになりましたね。
すーちゃん:そうでしたかぁ。もうここに、ITハンドファームに通われて何年くらいになりますかね?結構長いですよね。
Mrs.Y;もう3年は過ぎました。
すーちゃん:やりましたね、そうですね。
Mrs.Y;おかげさまで。はい。
すーちゃん:そのとき最初に渡辺さんでしたかね…
Mrs.Y;そうですね。渡辺先生に新神戸駅からアイライトまでの行き方をご指導してもらいました。
すーちゃん:はい。
Mrs.Y;で、まだ、どういうんですかね、車の量が多いところだと、これ今は車が止まってるから危ないんだなと、で、車が止まってるから赤なんだなというその判断がつくんですね、でも、新神戸駅から出て生田川沿いにある信号って凄い複雑じゃないですか。
すーちゃん:そうですね。はい。
Mrs.Y;で、あそこで渡辺先生に親切に見てもらっていたら、車は止まってるけど今は赤だって、あそこの信号どうも複雑なようで…
すーちゃん:そうですそうです。
Mrs.Y;だから車が止まっているから青だという判断はしないで、とにかく音を聞いて西行きの東西に行くのか南北に行けるのかっていう音で判断してくださいって、ということがはじめてわかりました。
すーちゃん:そうでしたか。
Mrs.Y;はい。
すーちゃん:こわいですよねぇ。
Mrs.Y;それから注意深く音を聞くようになって、ああ今、青だから行ける、この音は南北やから今は西しか行けないなとかってのが判断できるようになりまして。
すーちゃん:うん、音を使って安全に横断するということを勉強されたと言うことですね。
Mrs.Y;はい。
すーちゃん:…なるほど。わかりました。それでアイライトまで安全にお一人で来られるようになったということですね。
Mrs.Y;やっぱり自分のペースで歩かないとだめですね。今までガイドヘルパーさんと一緒だったのが長いものだからなかなか注意深く、周りに気が向かないっていうのかあったんですよね。
すーちゃん:ああ、なるほどなるほど。
Mrs.Y;一人で歩くにあたって、標識なんかは見えないんですけれども建物の形とか、角に来たら曲がるんだとか、そういうのを意識しながら歩けるようになりました。
すーちゃん:自分で使える手がかりを使ってご自身で判断されてということですね。それはガイドさんと一緒だとなかなかできないことですからね。
Mrs.Y;できないですね、どうしてもガイドさんに頼ってしまう。
すーちゃん:そうですよねぇ。
Mrs.Y;でまたおしゃべりしてる…
すーちゃん:うんうん。
Mrs.Y;そしたらなかなか自分で周りの情報をつかもうとしない、意識してつかもうとしないことがやっぱり大きくなってしまうので、やっぱり、一人で歩くというのは本当大事だなと思いました。
すーちゃん:なるほど、うんうん。自分の意志で歩くというのは大事なことだと思います。それができているということでうれしいです。
Mrs.Y;ほんとなんだか一人で通うようになってから、どんどん自分自身が前向きになりました。今まで見えないからああこれもできないわ、あれもできないわと思ってネガティブ思考だったんですよね…
すーちゃん:うーん。
Mrs.Y;でもほんと、パソコンも音声で、ちゃんとね、サポートしていただきながらどうにかこう操作できるようになってきてますしぃ…
すーちゃん:はい…
Mrs.Y;それに、便利グッズのこんな新製品が出たよとかって商品の情報も周りからすっごく入ってるので…
すーちゃん:よかったよかった。この間も音声時計でしたっけ…
Mrs.Y;ああ、はい。
すーちゃん:たのまれてましたよね。
Mrs.Y;そうです。あれも凄くね、大きくて、今までのはこんなちっちゃかったから、取って、こう近づけて、顔に近づけて時間を確認しないといけないんですけどね、今回の便利グッズで紹介してもらったのは、ボタン押せば全部読み上げてくれるのんです。
すーちゃん:そうそう。
Mrs.Y;で画面自体も大きいのでね。
すーちゃん:はいはい。
Mrs.Y;もう、ポーンと机のところに置いておいて座ってても見える距離…、目に入ってくるので、ほんとに助かります。
すーちゃん:ああよかったです。便利に使われてると言うことでね。
Mrs.Y;それともう一つはやっぱり遮光めがねですね。わたしは、まぶしさがやっぱりすごくきつく感じるので、その遮光めがね、遮光レンズですか、それもアイライト来てから知ったんですよ。
すーちゃん:あ、そうでしたか。
Mrs.Y;それ以前は、普通のサングラスで…、ただ、こう光を遮って暗い、暗くなるっていうのですか…
すーちゃん:全体が暗くなっちゃいますよね。
Mrs.Y;はい。で、遮光レンズだとこうまぶしさだけを軽減する、だからもう外を一人で歩けるというのが、やっぱり凄いメリットなんです。
すーちゃん:そうですか。じゃあ杖と遮光眼鏡であの、地下ではなく地上を歩けるように?
Mrs.Y;そうです。私の中では新神戸駅からアイライトに来る道が一番長いんですね。地上歩くって言うのが。だからその距離がなんかどうにかやれてきて、帰れるっていうので、なんか気分的に違いますよね、前向きなれるというか。
すーちゃん:そうですよね。すごいことですね。お気持ちが変わる。
Mrs.Y;変わります!やっぱり、なんか今まで凄く後ろ向きに考えて、どうしても行く範囲って決まっちゃうじゃないですか?勇気を出して行こうかなと思うんだけども、なかなか不安の方が大きくってなってしまって、なかなかそれが行動に移せない…
すーちゃん:はい。
Mrs.Y;そういうのが結構、多々あったのですけども、ここに来るとまあ通所してる方の皆さんの生活なりの会話をしながらや聞いてみて、まあ私にできるかなぁ…
皆さんそれぞれ、見え方が違うんですけども、何々さんがやってるんだったら私もやってみようかなぁ、とかいうそういう気持ちになれるので…
とてもいいところに通わしてもらってるなと思っています。
すーちゃん:ああ、よかったです。なんか宣伝までしていただいて。いつも横断歩道の向こうから、こちら渡ってくるの見てるんですが、いつも綺麗に颯爽と歩かれて…
Mrs.Y;いえいえ。
すーちゃん:にこやかに歩まれてる様子を見て、ああよかったなぁと思います。
Mrs.Y;いえ、笑顔になれるのはアイライト協会のおかげです。
すーちゃん:うれしいことをありがとうございます。これからもあの、そうですね、引き続き気をつけて歩いていただいて、ま、場合によってはガイドさんを使ってもいいと思うんですけど。
そのときに適した歩き方で歩いていただけるというのは本当に魅力的なことだと思いますので、ぜひこれからも安全に楽しく歩いてもらえたらうれしいなと思います。
素敵なお話ありがとうございました。
Mrs.Y;いえ、こちらこそどうもありがとうございました。


白杖歩行指導に興味をお持ちの方はこちら