ここから下がページの本分です。

神戸アイライト協会の会報を、バックナンバーを含め総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わず街を自由に歩く技術、歩行訓練。ここでは歩行訓練を受けられた皆様のお声をインタビューでお読みいただけます。本コラムでは視力を用いずパソコンを利用されている視覚障害当事者の方の事例をご紹介します。

見えない見えにくい方のパソコン活用&コラム

視覚障害から文字情報の入手が困難となる状況では、音声の出るパソコンによって、生活、仕事、学び、趣味と多方面の不便が改善します。
本コラムでは、視覚障害をお持ちの方々が音声パソコンを活用されている様子やソフトをご紹介します。


見えない・見えにくい方へ便利なパソコンソフト

パソコンは、視覚障害をお持ちの方にとって、第三者の視力に依存することなく自力で情報を収集いただける、便利なツールです。
市販のパソコンに、視力の代わりとなるソフトウェアを組み込むことで、画面が見えにくくても、あるいはパソコンの出す音声のみでも、よりご自身に使いやすい道具に変えていただけます。
ここではそんなソフトウェアの一部を紹介します。


PC-Talker (ピーシートーカー)

パッケージ写真
価格 : 38,000円(税別)
PC-Talker 10とは、Windows10パソコンの画面に表示された文字を、人の声に近い合成音声で読み上げるソフトウェア(スクリーンリーダー)です。

Windows10には、音声読み上げ機能「Narrator(ナレーター)」が標準搭載されています。(コントロールキーとWindowsキーを押しながらEnterキーを押すことで、narratorの実行と終了が可能)
しかし、米国で設計されたNarratorには、日本語入力時の漢字変換候補読みに時間がかかる、同音異義語の区別が難しいなど、現実での利用に困難を要する場面があります。

高知システム開発の画面音声化ソフトウェア「PC-Talker」は1998年の発売以来、基本操作がわかりやすく、様々な専用ソフトウェアが発売されています。
操作方法が発売時より変わらず、日本語の利用がスムーズ、初心者の方に親切な説明書が付属する特徴から、多くの視覚障害をお持ちの方が利用をされています。

PC-TalkerがPCの利用に便利な点は次の通りです。


1.日本語への完全対応
日本語入力時の漢字変換では、表示された漢字が1字毎に用例とともに詳しく説明されます。
この機能により複数の同音異義語から正しい熟語を選び、間違いのない漢字仮名交じり文を入力頂けます。

例:「ひろう」の変換で「披露」を選んだときの音声は「披露宴の披 露:露出の露」。

2.言葉の正しい読みを登録可能
PC-Talkerの初期状態では「井伊直虎」を「イイチカトラ」と読みます。
こうした間違った読みがある場合、PC-Talkerの読み辞書編集機能により直虎」を「ナオトラ」と読むように登録いただくことで、以後は常に正しい読み上げが行われます。

3.快適な操作
PC-Talkerは国産スクリーンリーダーとして歴史が長く、パソコンの性能が上がるにつれて快適に使えるよう、改良が続いてきました。
PC-Talkerに搭載されたIBMヤマト研究所開発の音声合成エンジン「ProTalker97」は、明瞭な滑舌と発声、PCへの少ない動作負担を特徴としています。

4.対応ソフトウェアの充実
高知システム開発ではPC-Talkerの利用に特化したメーラー、ニュース閲覧ソフトウェア、読書補助ソフトウェア等、数多くの対応ソフトウェアを発売し、共通の操作で、パソコン初心者の方が安心して利用をいただける環境が整備されています。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyBookⅤ (マイブック ファイブ)

パッケージ写真
価格:38,000円(税別)
MyBookⅤとは、PC-Talker専用の読書支援ソフトウェアです。
サピエ図書館(視覚障害者専門のネット図書館)に所蔵された、著作権継続中の図書を含む、約200000タイトルの点字図書や録音図書、シネマデイジー(映画やドラマの音に音声解説を付加したもの)を簡単な操作で利用をいただけます。
録音図書は、再生速度を自由に変更でき、活字文書を読むような読み返しや速読が可能です。
点字図書は、点字の利用経験にかかわらずパソコンの音声により本の内容が読み上げられます。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyWordⅦ (マイワード セブン)

パッケージ写真
価格:58,000円(税別)~
MyWordⅦとは、PC-Talker専用のワープロソフトウェアです。
Microsoft Wordと同じ *.docx 形式で作られたワープロ文書を、快適に閲覧、編集いただけます。
多彩な書式文例集を搭載し、スピーチ原稿や時候の挨拶を少ない操作で作成可能です。
特に、表については数値の集計やセル結合、分割などの複雑な処理を音声によりサポートします。
又、MyWordⅦではWord文書に組み込まれたマクロの実行が抑止されるため、パソコンへのウィルス対策へ効果的です。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


NetReaderⅡ (ネットリーダー ツー)

パッケージ写真
価格:28,000円(税別)
NetReaderⅡとは、PC-Talker専用のインターネット閲覧ソフトウェアです。
Windows10にはインターネット閲覧ソフトウェアが標準で搭載されていますが、音声のみで利用をする場合には多くの学習を必要とします。
全画面表示とウィンドウ表示で内容そのものが変化するWebページやマウスオーバーにより動的に生成されるメニューなど、Webサイトによっては音声利用時に利用しづらいページもあります。
標準のインターネット閲覧ソフトウェアでうまく読めないページがあったときにNetReaderⅡを使うことで、スムーズに閲覧を頂ける場合があります。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyMailⅤ(マイメール ファイブ)

パッケージ写真
価格:18,000円(税別)~
MyMailⅤとは、PC-Talker専用のメールソフトウェアです。

・画面内移動   = 方向キー上下
・選択中項目実行 = エンターキー
・キャンセル操作  = エスケープキー

以上の操作で電子メールの送受信や閲覧が可能です。
プロバイダーから提供される電子メールアドレス(pop3形式 快適な利用が可能)に加え、gmail等のWebメール(imap形式 スマートフォンなどと同期が可能)に対応しています。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyNews(マイニュース)

パッケージ写真
価格 : 20,000円(税別 5年ライセンス)~
MyNewsとは、PC-Talker専用のインターネットニュースサイト閲覧ソフトウェアです。
全国紙、地方紙、雑誌を、少ないキー操作で読むことが可能です。
音声環境でInternet ExplorerやGoogle Chrome、NetReader2等からニュースページを読む場合、基本的に次の流れとなります。

1.目的のニュースが掲載されているページを検索
2.表示された記事の本文を探す

しかしタッチやマウスの利用を前提に作られている近年のWebページには、広告やSNSのソーシャルボタンなど、利用者にとって、音声読み上げ時は時に不要となる情報に溢れています。
不要な情報を読み飛ばしながら記事内容へ辿り着くため、Webページの構造によっては多くの時間と労力が必要となる場合があります。
MyNewsにより、わかりやすい操作方法で各新聞、雑誌を読むことができます。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyDicⅡ(マイディック ツー)

パッケージ写真
価格 : 20,000円(税別)
MyDicⅡとは、PC-Talker専用のインターネット辞書検索ソフトウェアです。
通常、インターネット辞書は次の手順で利用します。

1.辞書ページを検索
2.辞書ページ中のキーワード入力欄を探す
3.言葉を入力し、検索
4.検索結果一覧から目的の言葉を探す
5.目的の言葉の詳細ページを開く
6.ページ内から本文の場所を探し、内容を読む

MyDicⅡでは、辞書を選択後にキーワードを入力することで、瞬時に検索結果が一覧表示されます。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


音声パソコンやIT機器の体験・個別講習(来所・訪問)・その他お問い合わせはコチラ


ここから上がページの本分です。