本文開始

当協会の会報を、バックナンバー含めて総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わずに自由に街路を闊歩できる技術、歩行訓練。ここではその体験者の皆様のお声をインタビュー形式でお読みいただけます。ここでは視力を用いずにパソコンを利用されている様々な当事者の方の事例をご紹介します。

見えない見えにくい方のパソコン活用&コラム

近年、内蔵部品の高性能化によりPCの情報収集に果たす役割は更に大きくなりました。
視覚障害から文字情報の入手が困難となる状況では、パソコンなどのIT機器の活用で、生活面は勿論、仕事、学び、趣味など多方面に渡ってその内容が大きく改善します。本コラムでは、視覚障害の方々が音声パソコンを活用されている様子やソフトをご紹介します。


見えない・見えにくい方へ便利なパソコンソフト

視覚障害をお持ちの方にとってのパソコンは自力で情報収集ができるすぐれたツールです。
そのパソコンに、視力の代わりとなる様々なソフトを組み込むことで、画面の内容が見えにくくても、あるいはパソコンの音声のみでも、よりご自身にとって使いやすい、便利な道具に変えていただくことができます。
ここではそんなソフトの一部を紹介しています。


PC-Talker (ピーシートーカー)

パッケージ写真
パソコンの画面に表示された文字を読み上げる有料の画面音声化ソフト(スクリーンリーダー)です。
パソコンの画面に表示される文字が見えにくい、あるいは見えない状況では、画面音声化ソフトが必要になります。

近年、Windows8以後のパソコンに音声読み上げ機能「Narrator(ナレーター)」が標準で搭載されたことにより、しゃべるパソコンを誰でも無料で体験できるようになりました。(Windowsキーを押しながらEnterキーで実行できます)
しかし、米国で基本設計が行われたこのNarratorには、日本語入力時の漢字変換候補読み上げに時間がかかることや同音異義語の区別が難しいなど、実際の利用に困難を要する場面があります。
高知システム開発の画面音声化ソフト「PC-Talker」は1998年の発売以来、基本操作がわかりやすく、対応ソフトが数多く発売されています。操作方法が発売当初より一貫されていることが特徴で、日本語の利用もスムーズで、初心者の方に親切な説明書が付属することもあり多くの方へ利用されています。
PC-Talkerの特に便利な点は大きく次の通りです。


1.日本語への完全対応
日本語入力中の漢字変換では、表示された漢字が1字毎に用例とともに詳しく説明されます。これにより、いくつもある同音異義語から正しい熟語を選択し、入力間違いのない漢字仮名交じり文を書くことができます。
例:「ひろう」の変換で「披露」を選んだときの音声は「披露宴の披 露:露出の露」。

2.言葉の正しい読みを教えることができる
PC-Talkerの初期状態では「井伊直虎」を「イイチカトラ」と読み上げます。
このように人名などの読みを間違った場合は、直虎」の文字列を「ナオトラ」として登録することで、それ以後は常に正しい読み上げを行えるようになります。

3.操作が快適
PC-Talkerは国産スクリーンリーダーとして歴史が長く、パソコン自体の性能が上がるにつれて快適に使えるように、ソフトの改良が続いています。
また、PC-Talkerに搭載されたIBMヤマト研究所開発の音声エンジン「ProTalker97」は、明瞭な滑舌と発声で、PCへの少ない負担で動作します。

4.対応ソフトが充実
高知システム開発社ではこのPC-Talkerの利用に最適化したメールやニュース閲覧、読書など、数多くの対応ソフトを発売し、共通した操作で初心者の方が安心して使えるように提供しています。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyBookⅢ (マイブック スリー)

パッケージ写真
PC-Talker専用の読書支援ソフトです。
サピエ図書館(視覚障害者専門のネット図書館)の点字図書や録音図書、シネマデイジーが簡単な操作で利用できます。
録音図書を読ませるときは、再生速度を自由に変更でき、活字文書を読むような読み返しや速読が可能です。
点字図書を読ませるときは、ひらがなと分かち書き表記が一般的であることから点訳図書のデータもすべてひらがなで提供されています。
しかし「MyBookⅢ」では自動で点訳データのひらがなを漢字に変換しながら読み上げる機能があり、イントネーションの不自然さを緩和できます。
この漢字変換は利用中の日本語入力システムの学習状況と連動しますので、不自然な読み、特に固有名詞の正しい変換をお手持ちの日本語入力システムに学習させれば点訳本の読み上げ制度がその都度改善されていきます。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


NetReaderⅡ (ネットリーダー ツー)

パッケージ写真
PC-Talker専用に開発された、有料のWebページ読み上げソフトです。
Windowsのパソコンを買うとインターネット閲覧ソフトが入っていますが、PC-Talkerでは、うまく動かないことがあります。
インターネット閲覧ソフトでうまく読めないページがあったときにNetReaderⅡを使うことで、スムーズにインターネットを楽しめる場合があります。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyMailⅢ(マイメール スリー)

パッケージ写真
PC-Talker専用のメールソフトです。操作がシンプルにまとめられています。
画面内の移動は方向キーの上下、実行がエンターキー、以上の操作によってメールの送受信や閲覧ができます。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyNewsⅡ(マイニュース ツー)

パッケージ写真
PC-Talker専用のニュース読み上げ専用ソフトです。
全国紙、地方紙、雑誌を4つのキーだけで読ませることができます。
音声環境でインターネット閲覧ソフトを使ってニュースページを読ませる場合、
1.目的のニュースが掲載されているページを検索し、
2.表示された記事の本文を探す
手順となるのですが、タッチやマウスの利用を前提に作られているページには広告など利用者にとって不要な情報が溢れています。
利用者はその不要な情報を読み飛ばしながら記事の内容へ辿り着くため、大変な根気が必要となります。
MyNews2を使うことで、少ない操作で快適に各種の新聞、雑誌を読ませることができます。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


MyDicⅡ(マイディック ツー)

パッケージ写真
PC-Talker専用のインターネット辞書読み上げ専用ソフトです。
通常、インターネット辞書を利用するには、
1.辞書ページを検索する
2.辞書ページの中にあるキーワード入力欄を探す
3.実際に言葉を入力して検索する
4.検索結果の一覧から目的の言葉を探す
5.目的の言葉の詳細が書かれたページを開き、本文を探して内容を読ませる
手順を必要とします。
MyDicⅡを使うと、最初に辞書を選んだらそのままキーワードを入力するだけで検索結果が表示されます。
詳細はこちら (外部サイトへ移動します)
お問い合わせはこちら


音声パソコンやIT機器の体験・個別指導(来所)・お問い合わせはコチラ