本文開始

当協会の会報を、バックナンバー含めて総てお読みいただけます。1999年から続く本会の歩みをぜひご覧ください。視力を使わず自由に街路を歩く技術、歩行訓練。ここではその体験をされた皆様のお声をインタビューでお読みいただけます。ここでは視力を用いずにパソコンを利用されている様々な当事者の方の事例をご紹介します。

歩行訓練士スーちゃんとの街歩きコラム♪

目が見えにくく、見えなくなると自由に外出できなくなるのだろうか、こうした不安を取り除いてくれるのが歩行訓練です。
視力障害のため歩行が困難となっても訓練を受けることで様々な場所へ行けるようになります。
ほかにも公的なガイドヘルパーや盲導犬の利用といった方法がありますが、歩行訓練の魅力は自分で行きたいところへ行きたい時に行けることです。そんな歩行訓練の魅力を、体験者の声を交えて発信しています。


ここから本文


Kさん:ただ事故だけはね、転落の事故が多いので・・・。それだけは気をつけて。
すーちゃん:気をつけないとね。
Kさん:今は、阪神電車もJRも積極的に声かけしてくれますね。以前はそんな積極的じゃなかったので・・・。
すーちゃんイラストすーちゃん:そうですね。
Kさん:駅員さんの声かけが徹底しているのか。
すーちゃん:この1年で結構ガラッと変わりましたよね。
Kさん写真Kさん:うん、変わった。やっぱその転落事故が多かったのは一番の原因やと思うんですよね。
すーちゃん:うん。
Kさん:ホットポットメンバーの人で、働きかけている人がいて、行政の方になんとかしてくれと・・・。扉をつけるのなりなんなり、ロープでもいいから。そうしないと外へ出よう思ってた人が転落事故を聞いてからは出られない。
すーちゃん:うん。
Kさん:一人では出られない言う人が出てくるかも分からないので・・・。この間、大阪のどこやったかな、扉を付けてほしいって働きかけていた人が、何カ所か付くようになったって。
ホーム柵すーちゃん:そうですね。あの、大阪駅も一か所付けられていたり、地下鉄もちょっと動き出しているみたいですね。
Kさん:だからその人のおかげいうか、まぁそういうグループがあって、行政の方とかにね、働きかけているんやなって聞いたんです。
すーちゃん:神戸市の地下鉄も多分付くんじゃないかな。三宮だけかもしれないけど。ちょっとずつね。
Kさん:うん。一応のところは付けていかないとだめっていうので、予算が出るか出えへんかって。
すーちゃん:いきなり全部は無理だけど、ちょっとずつね、うん。
Kさん:ちょっとずつ変わっていっているんかなぁって・・・。一番びっくりしたのはいつもかよっているO駅で、何時もそんなん言わへんねんけど駅員さんが付いてきたんですよ。
すーちゃん:一年前から歩いているのにね。
Kさん:ひとりで乗ってるって思たんやけど。僕この間学校行くときには、駅員さんが来てくれて「大丈夫ですかぁいけますかぁ?」って言って、「あの、毎日かよってるんで」言って。
すーちゃん:うんうん。やっぱそうしなさいいう通達があったんでしょうね。
Kさん:だっていつもそんなんせえへんやん。
すーちゃん:まぁまぁ。必要でなかったらね、お断りしたらいいですし。本当に必要な方もいるかも知れないので。
Kさん:でも、ここで無理にいいですって言ったら、あかんから。ありがとうございますって言って。「すいません僕一人で行けますから」って言って。
すーちゃん:そうですね。最終的には人かな。駅員さんも、その場所を利用している人も、ひとりひとりの何て言うのかな、大丈夫かなぁ?っていう気持ちがあればね。
Kさん:で、この頃多いですよね。手引っ張ってくれる人とか・・・。定期を通さなあかんのですよね。で、三宮で人がいっぱい出てくるから、いやぁどうしよう!定期、入られへんわ!思うてたら端っこが空いとったらしいんですよね。で、おっちゃんがひっぱってくれて。
すーちゃん:そうなんだ。
Kさん:「こっちこっち」って。「ここいけるから」って。
すーちゃん:見ててくれているものですね。
Kさん:びっくりして。もういっぱい人が出てくるからこれは待っとかなあかん思ってたんで。
すーちゃん:私もね、歩行訓練をしているとき、訓練士としてご本人の近くを歩いているんですよ。で、心配そうに周りの人も見ててくれたりとか、声かけてくれる人がこの1年で増えたかな?
Kさん:増えましたよね。
すーちゃん:変わってきてるなって思います。
Kさん:だって昔やったらね、点字ブロックの上を杖ついて行ってたら絶対にどいてくれへんのですよね。
すーちゃん:はい。
Kさん:それが、昨日、前を歩いている人がおったから、まぁゆっくり行かなあかんなぁ、ぶつかったらややなぁって思いながら歩いてたら、女の人が「後ろから来てますよ」って前を歩いている人に言ってくれて・・・。
すーちゃん:ああ。
Kさん:のけてくれはったんです。
すーちゃん:そうですか。
Kさん:「すんません」って、「ありがとございます」って。
すーちゃん:ふーん。
Kさん:前を歩いている人は全然気づかなくって、だから女の人が、ばーって来て「後ろ歩いているよ」ってその人に言って。
すーちゃん:そうですか。
Kさん:こう体を張って、びゅーっ!てのけはったんですよ。
すーちゃん:うん、あの、どんどんいい方になっているなとは思います。その一方で、スマホ見ながら歩いてたりする人もいるので・・・。
Kさん:多いからね。それは気をつけないと。
すーちゃん:気をつけなあかんね。
Kさん:ぶつかったらまた言われるしなぁ。とか。何を言われているかわからんし。
すーちゃん:ほんとに気を遣いながら皆さん歩いていると思うんです。でも、安全にできる最大限の対策をして、出るしかないかなぁと、思うんですけど。
Kさん:この間もホットポットの会で去年やったかな。杖を使ってて、折られるんはあるんやろうけど、人がこけたらどうするっていう。
すーちゃん:あの、…そうなんですよ。杖を持っているからこっちが弱者とは言えない時代やと思うんです。おじいちゃんおばあちゃんも歩いてるし、いろんな人いるから。
Kさん:知人も一回引っかけてこかしたって言ってるから、これはあかんな大阪出てこかしたらいかんなって思って。
すーちゃん:できる限りの対策はした方がいいかなぁと思います。
Kさん:学校での怪我はね、こけようが何しようが、怪我したら保険使えるからって言って・・・。
すーちゃん:そうなんですよ。だから難しい、ほんとに難しい。でも外に出るなとは言えないので。出ざるを得ないので。
Kさん:仕事持っている人は出なあかんのやし。
すーちゃん:そうそう。
Kさん:僕もあんまマッサージ資格取ったらやっぱ出なあかんことがあるやろし。
すーちゃん:そうですね。お勤めするようになったらまぁ必要やし。なのでまぁ、危険はあるのはわかるけれども、なるべくそれを起こさないように安全に歩けるために、我々がね・・・。
がんばって、行けたらと思います。
Kさん:はい。
すーちゃん:はい。うん。いいお話をありがとうございました。また聞かしてください。その後を。
Kさん:その後をね。
すーちゃん:はい。おねがいします。ありがとうございました。
Kさん:はーい。


歩行訓練へ興味をお持ちの方はこちら