本文開始

アイライトフェア2017「神戸・兵庫での医療と視覚リハの連携」

主催:特定非営利活動法人 神戸アイライト協会

後援:神戸市中山視覚障害者福祉財団

神戸ライトセンター運営協議会神戸市視覚障害者福祉協会
神戸市身体障害者団体連合会ちゅうおう障害者地域生活支援センター
NEXT VISION日本歩行訓練士会
きんきビジョンサポート兵庫県網膜色素変性症協会


◆日 時:2017年10月8日(日) 13:00~16:30
◆場 所:神戸市立葺合ふきあい文化センター大ホール (神戸市中央区旗塚通4-4-1)
◆参加費:無料


◇ミニコンサート(アイライトアンサンブル)

◇医療講演「ロービジョン最近の話題」

山縣 祥隆(やまがた よしたか) 山縣眼科医院 院長、神戸アイライト協会 副理事長


◇講演「神戸アイセンタービジョンパークの紹介」

別府(べふ) あかね氏
NEXT VISION 情報コンシェルジュ(視能訓練士・歩行訓練士)


◇報告「協会活動紹介」


◇パネルディスカッション「神戸・兵庫での医療と視覚リハの連携」
 …神戸アイセンター開設と地域の視覚リハ…

パネリスト:

別府(べふ) あかね氏NEXT VISION情報コンシェルジュ (視能訓練士・歩行訓練士)
有馬 昭郎(ありま あきろう)国立障害者リハビリテーションセンター 自立支援局 神戸視力障害センター支援課課長(歩行訓練士)
中川 典子(なかがわ のりこ)日本ライトハウス 視覚障害リハビリテーションセンターきらきら 歩行訓練士
常盤 直子(ときわ なおこ)神戸アイライト協会専門相談員(視能訓練士)
山縣 祥隆(やまがた よしたか)山縣眼科医院 院長、神戸アイライト協会 副理事長

 コーディネーター:
森 一成(もり かずなり)神戸アイライト協会 理事長、歩行訓練士


神戸市社会福祉協議会の障害者福祉基金・フェスピック事業助成を活用させていただきます


 

今年のアイライトフェアのテーマは「神戸・兵庫での医療と視覚リハの連携」です。視覚リハとは視覚障害リハビリテーションの省略した言い方です。
視覚障害リハビリテーションは、見えにくい・見えないために「できなくなったこと」を「できる」ように改善する取り組みです。歩行訓練音声パソコンロービジョン用具音声用具の使用、生活の工夫等さまざまな内容があります。このような視覚リハと医療の連携の重要性は、視覚リハという言葉が使われだした 1990年代から指摘されています。
1990年代後半から神戸・兵庫でも動き出しました。2008年には神戸市で専門家を配置した視覚障害専門相談事業が始まり、2010年には兵庫県眼科医会が全国で初めてスマートサイト「つばさ」を作成し県内の眼科に配布しました。
訪問指導では課題の多い神戸・兵庫ですが、医療との連携では全国の中では先進的と言われています。そういった状況のもと、2017年12月に神戸アイセンターが開設されます。神戸・兵庫での医療と視覚リハの連携は、どのように展開していくのでしょうか。

(神戸アイライト協会 理事長 森 一成)

 

【アクセス】

地図
◆葺合文化センターへのアクセス
 葺合文化センター本館は移転しましたが、大ホールは以前と同じ場所です。ご注意願います
 阪急「春日野道」駅から北西徒歩約10分
 神戸市営地下鉄「新神戸」駅から南東徒歩約10分
 JR「三ノ宮」または阪急「神戸三宮」より市バス 90・92系統「雲中小学校前」バス停から
 南へ徒歩約3分

※葺合文化センターの駐車場は使えませんので公共交通機関をご利用ください


問い合わせ先

神戸アイライト協会
電話:078-252-1912 mail:kela2009eyelight@ac.auone-net.jp
(当日参加も大歓迎ですが、準備の都合上、可能な方はご連絡いただければ幸いです)



チラシ印刷用PDFはこちら